ニュース
» 2012年11月26日 19時31分 UPDATE

KORGアナログシンセの名機復活「iPolysix for iPad」

コルグがアナログシンセサイザーの名機「Polysix」を完全再現したiPadアプリ「iPolysix for iPad」をリリース。

[ITmedia]

 コルグは11月26日、アナログシンセサイザーの名機「Polysix」を完全再現したというiPadアプリ「iPolysix for iPad」をApp Storeでリリースした。12月31日まで1300円で購入できる(以降は2600円)。

photo 名前は「同時発音数が6音のポリフォニック」から(当時の人気シンセは5音だった)。発売当時の価格は24万8000円。バンド「POLYSICS」はリーダーのハヤシが最初に買ったシンセがPolysixだったのにちなんだと言われている

 「iMS-20」に続き、1980年に発売されたポリフォニックシンセの名機をiPadで再現。アプリでは独特のサウンドに加え、最大64ステップのシーケンサー「Polyseq」や2台のPolysix、Polysixからサンプリングして演奏する6パートのドラムマシン、当時の「KMX-8」を思わせるアナログミキサーなどを統合し、1台で楽曲制作が可能になっている。

 2基のKAOSS Padを搭載し、指でなぞるだけでフレーズが生まれ、簡単に演奏できるとしている。KAOSS PADは単音に加えコードの演奏も可能だ。

 SoundCloudをベースにした楽曲共有機能「Polyshare」も公開。アプリからダイレクトに曲をアップロードし、世界のユーザーに公開できる。ほかのユーザーが公開した曲をリミックスして公開することも可能だ。利用にはSoundCloudのアカウントが必要。

 WAVによるエクスポート、WISTによる2台のiPadの同期演奏、Camera Connection Kit経由でUSB MIDIキーボードからの演奏などにも対応する。WAVによるエクスポート、WISTによる2台のiPadの同期演奏、Camera Connection Kit経由でUSB MIDIキーボードからの演奏などにも対応する。

 iPad miniの7.9インチディスプレイでもフル活用できるよう設計しているという。利用はiPad 2以降を推奨している。

 発売を記念し、iMS-20は300円値下げして2600円とした。また年末まで、iMS-20やiKaossilator、iELECTRIBEなど同社のほかのアプリも半額オフで販売する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -