ニュース
» 2012年11月28日 11時00分 UPDATE

Gmail、10GバイトまでのGoogle Driveファイルの添付が可能に

Googleが、GmailとGoogle Driveの連係を強化し、Google Drive上のファイルをGmailの添付ファイルとして送信相手と共有できるようにした。10Gバイトまでのファイルの添付が可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月27日(現地時間)、GmailのメールにGoogle Drive内のファイルを直接添付できるようになったと発表した。従来の400倍に相当する10Gバイトまでのファイルを添付できる。この機能は数日をかけて段階的に全ユーザーに提供される。まだ「新しいメール作成画面」を利用していない場合は対応させる必要がある。

 この機能が利用できるようになると、メール作成ウィンドウの下部にGoogle Driveのアイコンが表示されるようになる。これをクリックするとGoogle Driveのファイル一覧が開き、ここで添付したいファイルを選択することでファイルを添付できる。

 gmail 1 Gmailの新規作成画面にあるGoogle Driveアイコンをクリック

 添付ファイルをメールの送信相手が開けるようにするにはGoogle Drive上のファイルを共有設定にしておく必要があるが、これもGmailから離れずに設定できる。送信相手が共有できる設定になっていない場合、Gmailが以下のような警告を表示する。「共有して送信」ボタンをクリックすると共有設定画面が開くので、ここで設定できる。

 gmail 2 共有設定していないファイルを添付すると警告が表示される

 受信者は添付ファイルをダウンロードするのではなく、送信者のGoogle Drive上のファイルを開くことになる。この方法で、高精細の写真や動画を気軽に添付できるようになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -