ニュース
» 2012年12月10日 07時04分 UPDATE

Instagram、Twitterで完全非表示に Twitterは独自フィルタを年内公開か

InstagramからTwitterに投稿したツイートの画像が、Twitter上で表示できなくなった。コメントとURLだけが表示され、URLをクリックするとInstagramのWebサイト上で画像が開く。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米InstagramのサービスからTwitterに共有した画像が、12月10日未明からTwitter(公式サイトおよび公式アプリ)で完全に表示されなくなった。タイムライン上の画像添付ツイートで表示されるはずの「画像を表示する」リンクが消え、「開く」→「詳細」でツイートを開いてもInstagramのWebサイトの画像へのリンクが表示されるだけだ。

 instagram Instagramから共有した画像添付ツイートは、コメントとURLのみ表示されるようになった

 リンク先は「instagram.com/p/〜」という、InstagramのWebサイトになっている。Instagramは11月、PCのWebブラウザ向けのユーザーのプロフィールページの提供を開始しており、PCでもユーザーの投稿画像をまとめて閲覧できるようになっている。

 Instagramのケビン・シストロムCEOは12月5日(現地時間)、将来的にはTwitter上での画像プレビューを完全に終了することを明らかにしたが、いつから開始するかは明示していなかった。InstagramはTwitter Cards統合機能を無効にしたため、Twitter Cards対応アカウントでの投稿も表示されない。

 Instagramの投稿はTwitterの他、Facebook(Instagramの親会社)、Tumblr、Flickr、ミクシィなどで共有でき、Twitter以外のサービスでは従来通り画像は表示できる。

Twitterは独自画像フィルタを年内公開か

 一方、Twitterはクリスマスまでに、Instagramにあるような画像フィルタ機能を公式Twitterアプリに追加するようだと米AllThingsDが12月8日に伝えた。

 独自フィルタについては、11月初旬に米New York TimesがTwitterの匿名社員の話として伝えている。

 Twitter会長のジャック・ドーシー氏が12月4日に公式アプリで投稿した正方形でモノクロの画像が、フィルタのテストではないかとみられている。

 twitter ジャック・ドーシー氏が投稿した画像添付ツイート

GoogleのSnapseedならフィルタした画像をTwitterで表示可能

 Googleは12月6日、9月に買収した独Nik Softwareの写真編集アプリ「Snapseed」のAndroid版を公開し、それまで有料だったiOSアプリを無料にした

 このアプリは同社のソーシャルサービス「Google+」への画像投稿に最適化されているが、Facebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルサービスでも共有でき、Twitterでは「画像を表示する」に対応する。

 snapseed Twitterのタイムライン上のSnapseedからの投稿

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -