ニュース
» 2012年12月21日 07時58分 UPDATE

Facebook、メッセージのフィルタ設定の新設と有料メッセージテストを発表

Facebookで大事なメッセージが「その他」に埋もれないよう新しいフィルタ設定機能が追加された。また、友達ではない相手の受信箱に確実にメッセージを届けられる有料サービスのテストを開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは12月20日(現地時間)、メッセージを受信する際のフィルタ設定の変更と、一部ユーザーでの有料メッセージ機能のテストを発表した。フィルタ設定の変更は同日から開始するが、全ユーザーに行き渡るには数日を要する見込み。

大事なメッセージが「その他」フォルダに埋もれないように

 Facebookは現在、ユーザーをスパムなどで煩わせないように、受信したメッセージを「受信箱」と「その他」に自動的にフィルタリングしている。このフィルタリングには、ユーザーの友達関係やスパム判断アルゴリズムを採用しているが、ユーザーにとって重要なメッセージが「その他」フォルダに埋もれてしまうというトラブルが多い。例えば、Facebook上では友達になっていない知人からのメッセージは「その他」に入る可能性が高い。

 そこで、現行の「自分にFacebookメッセージを送信できるユーザー」設定項目を削除し、代わりに新たなフィルタ設定機能を追加する。

 現在は、「プライバシー設定」→「つながりの設定」にある上記項目で「すべてのユーザー」に設定していても、「その他」にメッセージが埋もれることがあった。

 message 1 現在のメッセージ設定

 新しいフィルタ設定では、ほとんどすべてのメッセージが「受信箱」に入る「基本フィルタ」と、友達からのメッセージ以外が「その他」フォルダに入る「厳密なフィルタ」のいずれかを選ぶ。この設定は、「メッセージ」→「その他」→「設定を編集」で開く。

 message 2 新しいフィルター設定

 現在のつながりの設定で「すべてのユーザー」か「友達の友達」を選択しているユーザーは、自動的に基本フィルタに、「友達」を選択しているユーザーは厳密なフィルタに移行する。

 基本フィルタでは、これまで「その他」フォルダに入っていた以下のようなメッセージが「受信箱」に入るようになる。

  • Facebookの友達ではないが、Android端末の連絡先に受信者が登録されているAndroid版メッセンジャーアプリユーザーからのメッセージ
  • 友達の友達からの、友達へのパーティーなどへの招待メッセージ
  • Facebookのメールアドレス(@facebook.com)へのメッセージ

 受信箱で受信したくない相手のメールは「その他へ移動」や「スパムとして報告」で移動することもできる。

有料で友達ではない相手にメッセージを届けられる機能のテスト

 友達ではない相手にどうしても確実にメッセージを届けたい場合に、有料でそれを可能にするサービスのテストを開始した。

 Facebookはこの機能の目的を、スパム抑制としている。安くても対価が必要になれば、スパム業者の負担が大きくなるため、有効なスパム対策だという。

 一方、例えば幼馴染をFacebookで発見して連絡を取りたい場合や、仕事で友達ではない相手に連絡を取りたい場合などであれば、対価を払えば確実に受信箱にメッセージを届けられる。

 この機能は、個人ユーザーにのみ提供する計画(企業向けではない)。こうしたメッセージが受信箱に届くペースは1週間に1件に制限されるという。

 Facebookはこの機能の価格を明らかにしていないが、米AllThingsDによると、1件当たり1ドルからになるという。

 第一の目的がスパム抑制であっても、この機能が有効になればFacebookにとっての1つの収入源になるだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -