ニュース
» 2012年12月30日 07時28分 UPDATE

Google、iOSアプリ開発チームの求人広告

Googleの求人ページには、iOSアプリ開発チームはAndroidアプリをコピペしているわけではなく、自由に新機能を追加できるイノベーティブな職場だというエンジニアのインタビューが掲載された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoogleがMac系ブログメディアなどにiOSアプリ開発者を募集する求人広告を掲載している。米9TO5Macが12月28日(現地時間)に紹介した。

 この広告のリンク先の求人サイトで、GoogleがモバイルアプリのiOS版開発のための独立したチームを擁していることが明らかになった。

 「クールで有意義なことをしよう」と書かれたこの動画広告(地域別にターゲティングされているので日本では表示されない)をクリックすると、iOS向けアプリ名(Google検索、YouTube、Chrome、Gmail)が次々と表示され、「あなたならiOSにGoogle体験をもたらせる」と誘う。最後の「詳しくはこちらで」をクリックすると、「ちょっと待った、GoogleにはiOS向けアプリ開発チームがあるのか?」と書かれたWebページが開く。

 google for ios Googleの求人サイトのiOS開発チーム紹介ページ

 このページはGoogleの求人サイト内のもので、Google検索のiOS版を開発するチームメンバー、ケン・ボングー氏へのインタビューが掲載されている。「みんな僕たちが既存のGoogleアプリをiOSプラットフォームにコピペしているだけだと思っているみたいだけど、それは違う。僕達はかなり自由に、既存アプリよりいいものを作り出すことに挑戦できる」と語った。

 Google製品のモバイルアプリでAndroid版よりiOS版の方が早く新しい機能が追加されることがあるのは、こうしたチーム構成によるもののようだ。

 AppleはiOS 6からGoogleマップエンジンの不採用、YouTubeアプリの削除など、“Google離れ”しているが、オリジナルのマップアプリが不評でGoogleマップアプリの性能をユーザーに再確認させる結果になった。

 今回の求人広告にはiOS向けGoogleマップは含まれていないが、同アプリは公開後48時間で1000万本ダウンロードされた

 また、Googleが9月に公開したiOS向けYouTubeアプリはAppleが提供していたものより高機能で、App Storeの「トップ無料」ランキングで常に上位(本稿執筆現在は3位)に入っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -