ニュース
» 2013年01月11日 07時09分 UPDATE

「Google Chrome 24」の安定版リリース 26%高速化、24の脆弱性に対処

Google Chromeの最新版では、起動やJavaScriptの実行速度が速くなったほか、危険度「High」の4件を含む24件の脆弱性に対処した。

[鈴木聖子, 佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月10日(現地時間)、Webブラウザ安定版の最新バージョンとなる「Chrome 24」(バージョン24.0.1312.52)をWindows、Mac、Linux向けに公開した。インストール後、ブラウザの再起動が必要。なお、Android版Chromeはアップデートされていない。

 一般ユーザーに直接関係する変更は、パフォーマンスの改善とセキュリティ関連の対処が中心となっている。

 JavaScriptの実行速度が改善され、JavaScriptベンチマークスイート「Octane」では「Google Chrome 15」と比較して26.3%高速化したという(β版段階での結果)。

 chrome 24 2012年11月の公式ブログより

 JacaScriptだけでなく、ブラウザの起動時間を短縮した他、クラウド印刷サービス「Google Cloud Print」のサーバ側の改善でプリンタ選択画面の表示が2倍速くなったという。

 開発者向けでは、数式を表現するマークアップ言語MathMLをサポートし、datalistエレメントで日付と時刻をサポートした。

 セキュリティ関連では、計24件の脆弱性に対処した。危険度はこのうち11件が、Googleの4段階評価で上から2番目に高い「High」にランク付けされている。中でもFacebookの研究者が発見した同一生成元ポリシー迂回の問題については、特に重要度が高いと認定して4000ドルの高額賞金を贈呈。また、SVGレイアウトとDOM処理における解放後使用問題の2件についても、情報提供者にそれぞれ1000ドルの賞金を贈呈した。

 JavaScriptエンジン「V8」については、「v8-3.14.5.3」に更新して脆弱性を修正した。さらに、米Adobe SystemsがFlash Playerの更新版を公開したことを受け、Chromeに組み込まれたFlashも脆弱性を修正したバージョン(11.5.31.137)に更新した。

 なお、Googleは先に発覚したトルコの認証局TURKTRUSTによる不正なデジタル証明書発行問題に関連して、1月中にChromeのアップデートを公開してさらなる対策を講じると説明していたが、10日のアップデートではこの件については触れていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -