ニュース
» 2013年02月18日 07時45分 UPDATE

Adobe ReaderとAcrobatの更新版、2月18日の週内に公開へ

脆弱性修正のアップデートはWindows、Mac、Linux向けに2月18日の週内に公開される予定で、「ゼロデイ攻撃」に対処する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは、Adobe ReaderとAcrobatの脆弱性を修正するアップデートを2月18日の週内にリリースすると予告した。この脆弱性を突いた不正なPDFファイルが出現したことを受け、臨時で対応する。

 同社によると、脆弱性が存在するのはReader/Acrobat XI(11.0.01までのバージョン)とX(10.1.5までのバージョン)、9.5.3までのバージョンで、いずれもWindowsとMacが影響を受ける。また、Reader 9.5.3についてはLinuxも影響を受ける。脆弱性は2件あり、悪用された場合、攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。

 この2件の脆弱性を悪用し、不正なPDFファイルを電子メールで送って開かせる手口の標的型攻撃が、Windowsを標的として発生しているという。

 脆弱性を修正するアップデートはWindows、Mac、Linux向けに2月18日の週内に公開予定。当面の対策として、Windows版のReader XI/Acrobat XIで「保護されたビュー」を有効にするよう呼び掛けている。

関連キーワード

脆弱性 | Adobe Reader | Acrobat


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -