ニュース
» 2013年02月25日 12時14分 UPDATE

P2Pファイル共有ソフトユーザーが大幅減少 Winnyノードは約2万台に

ACCSの今年1月の調査によると、P2Pファイル共有ソフトユーザーが大きく減少している。

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会が1月に実施したファイル共有ソフトのクローリング調査結果によると、Winnyノードが昨年3月から1.4万台減の2万台になるなど、ユーザーが大きく減少していたという。

photo ACCSの調査より

 昨年3月と比べ、Winnyノードは約3.4万台→約2万台に、Shareノードは約9.2万台→約5.9万台に、PerfectDarkは約4.9万台→約3.4万台と、それぞれ大きく減少していた。

photo 昨年10月1日以降に大きく減らしている

 昨年10月施行の改正著作権法による違法ダウンロードへの刑事罰導入に合わせて減少していたほか、P2Pユーザーに直接メールを送信する注意喚起活動、刑事摘発などの効果だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -