ニュース
» 2013年03月05日 10時20分 UPDATE

Twitter、TweetDeckのモバイルアプリの提供を5月に終了へ

2011年5月にTwitterに買収されたTweetDeckが、Android版、iPhone版、AIR版のアプリの提供を5月に終了する。Webアプリ版、Google Chrome版、Macアプリ版の強化に集中するためとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitter傘下のTweetDeckは3月4日(現地時間)、Webアプリ版TweetDeckに集中するため、AndroidおよびiPhone版アプリと、Adobe AIR上で稼働するTweetDeck AIRの提供を5月に終了すると発表した。また、Facebookとの統合機能も終了する。

 今後は、Webアプリ版Chromeアプリ版Macアプリ版の機能強化に取り組むとしている。

 TweetDeckは「ここ数年、コンピュータではTweetDeckを、モバイル端末では公式Twitterアプリを使うというのがトレンドになっている」とし、「われわれのユーザーのほとんど──全員ではないが──がそうしていると思う。アプリ版終了で不便をかけるユーザーには心から謝罪する」と語った。

 Android版アプリが最後にアップデートされたのは2011年9月、iPhone版は2011年10月だ。

 tweetdeck iPhone版の最後のアップデートは2011年10月31日だった

 なお、「Twitter API」を採用しているサービスは3月5日までにバージョン1.1に対応する必要があるが、終了するTweetDeckアプリは対応しないまま5月まで提供を続ける。

 Twitterは2011年5月にTweetDeckを買収し、デスクトップ版をパワーユーザー向け公式Webアプリと位置付けてきた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -