ニュース
» 2013年03月06日 10時15分 UPDATE

Android向けChromeのβ版、SPDYサポートで高速化

Android向けGoogle Chromeのβ版がバージョン26.0.1410.26になり、SPDY対応によるHTTPページの表示高速化と、デスクトップ版とのパスワード同期機能が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月5日(現地時間)、Android向けChromeブラウザのβ版をバージョン26.0.1410.26にアップデートしたと発表した。Google Playからダウンロードできる(Google Playを検索しても表示されない)。

 このアップデートで、SPDY(スピーディーと読む)プロキシサーバを使ってWebページの読み込みを高速化させる機能が追加された。

 SPDYはGoogleが2009年に発表したHTTP拡張プロトコル。デスクトップ版のGoogle ChromeやMozillaのFirefoxなどがサポートしている。複数リクエストの並列送信やWebページ上の画像をWebPフォーマットに変換するといったさまざまな手法を用いて、帯域幅の消費を削減し、Webページの表示を高速化する。

 Android版Chrome βでは、社内のテスト段階で回線のデータ消費を50%削減できたという。

 この機能を使うには、「chrome://flags」で「Experimental Data Compression Proxy」を有効にする必要がある。また、HTTPSサイトには対応しない。

 spdy
 autofill

 また、デスクトップ版でも最新のGoogle Chrome βを使っている場合、Android版で同じGoogleアカウントでログインしていれば、デスクトップ版で登録したパスワードがAndroid版にも同期される。つまり、デスクトップ版と同様にパスワードの入力が必要なくなる。

 この機能は、[設定]→[基本設定]→[同期]の画面で設定できる。なお、この機能が使えるようになるには向こう数日かかるという(インストールしてもすぐには使えない)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -