ニュース
» 2013年03月12日 00時17分 UPDATE

Apple、iOS 6の地図アプリデータを大幅改善 「パチンコガンダム駅」消滅

AppleがiOS 6の地図アプリの日本地図データを大幅に改善。不可解な地名表示が改められているほか、地図表示も見やすくなっている。

[ITmedia]

 Appleは3月11日、iOS 6から導入した地図アプリの日本地図データを大幅に改善した。不可解な地名表示などの誤りが改められているほか、地図表示も見やすくなっている。

 東京都昭島市に表示されていた「パチンコガンダム駅」など、不自然な地名はかなり改善されているようだ。地図上に表示されるアイコンの種類や数などもチューニングされて見やすくなっている。また以前はただの高層ビルだった東京タワーの3Dモデルが東京タワーらしく形作られているといったアップデートもある。

 ただ、ネットでは早速確認したユーザーから細かな誤りなどは依然として残っているという指摘が多く、先行するGoogleマップに追いつくにはまだまだ時間がかかりそうだという印象だ。

 クラウド上の地図データが更新されているため、ユーザーはアプリやOSのアップデートは不要で新データを利用できる。

photophoto 東京・JR昭島駅近くの「パチンコガンダム駅」(左)はなくなっている
photophoto ありえない場所にあった「新宿西口」(左)がなくなり、表示されるアイコンが整理されて見やすくなっている
photophoto 「大王製紙」になっていた羽田空港(左)は改善された
photophoto 東京タワー、東京駅の3Dモデル

 Appleは2月、iOS 6.1.1のbetaで日本地図のデータを大幅に改善することを予告。(1)ルート案内で発音を改善、(2)乗り換え駅や地下鉄、信号のインジケーターの追加、(3)高速道路の色を緑に、(4)病院や郵便局などのアイコンの改善と東京駅や皇居、東京タワーの3Dモデルの追加──といった内容が含まれているとしていた。

 iOS 6の地図アプリはリリース当初、多数の誤りや精度の低さが指摘され、Appleのティム・クックCEOが謝罪した上でほかのアプリを推奨したり、iOS責任者が辞任する事態になっていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -