ニュース
» 2013年03月21日 20時33分 UPDATE

凸版、電子出版用のオリジナルフォント開発へ

電子出版コンテンツを読みやすくする新書体の開発に凸版が着手。2016年春までに5書体の提供を目指している。

[ITmedia]
画像 新書体の試作フォント (C)Toppan Printing Co.,Ltd.

 凸版印刷は3月21日、電子出版コンテンツを読みやすくする新書体の開発に着手したと発表した。2016年春までに5書体の提供を目指しており、第1弾として本文用明朝体を開発。今年夏ごろのサンプル出荷を目指す。

 本文用書体は、明朝体とゴシック体を開発。電子出版コンテンツ向けに、日本語の長文を縦組で表現した時に最大の読み心地が得られるようデザインする。

 明朝体は、同社のオリジナル書体「凸版明朝体」を基に改良。従来の印刷用書体は、印刷工程による文字の太り(つぶれ)などを想定し、細身に設計されていたが、太りのない電子出版に合わせて設計し直す。

 ゴシック体は、同社オリジナルの「凸版ゴシック体」がベース。従来のゴシック体で多かった、上下のラインをそろえるデザインではなく、文字固有の大きさや形を尊重し、文章に自然な抑揚を持たせて心地良く読み進められるデザインを実現するとしている。

 見出し用の明朝体とゴシック体、欧文文字も開発。欧文文字は、既存の凸版書体をベースにせず、新規に開発。電子媒体上でも和文と欧文の違いが見え、文章中での存在感があるようなデザインにする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -