ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2013年04月01日 20時27分 UPDATE

HTCのアルミ一体型「HTC One」をiFixitが解剖──“修理不能”

iFixitが先週末に発売された「(new) HTC One」を解剖した。ネジを使わないアルミ一体型筐体の“修理しやすさ”評価は、10段階で最低の1。

[ITmedia]

 ガジェット解剖で人気の米iFixitが、先週末に英国などで発売された台湾HTCのフラッグシップ端末「(new) HTC One」を解剖した。韓国Samsung ElectronicsのGALAXY S 4に匹敵するスペックを搭載する同端末の特徴の1つは、ネジを使わないアルミ一体型の筐体だ。

photo

 予想通りHTC Oneの解剖は困難を極め、ヒートガンやiFixitの専用ツールを動員しても、傷付けずに基板に到達することはできなかった。従って“修理しやすさ”評価は10段階で最低の1。

 写真が豊富な解剖リポートはこちら。カメラのCMOSセンサーがOmniVision製であることなど、さらに詳細なチップ構成などを分析した米Chipworksのリポートはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.