ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2013年04月10日 11時54分 UPDATE

Javaの父も開発に加わる“海上無人データセンター”登場

波力と太陽光で発電し、無休で稼働する海上ロボット「Wave Glider」の新モデルが発表された。

[ITmedia]
photo

 海洋技術を手掛ける新興企業、米Liquid Roboticsが、海上ロボット「Wave Glider」の新モデル「SV3」を発表した。波力と太陽光のハイブリッド発電システムにより無休で稼働し、datacenter@sea技術で大量の海洋データをリアルタイムで解析し、情報を無線で送信する。いわば無人の海上データセンターだ。発売は2013年第3四半期(7〜9月)の見込み。価格は公表されていない。

 同社の主任ソフトウェア設計者は、“Javaの父”として知られるジェームズ・ゴスリング氏。2011年にGoogleを退社した後、同社に参加した。ゴスリング氏はWave Gliderに載せるソフトウェアとデータセンターにアップロードされる大量のデータの双方を担当している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.