ニュース
» 2013年05月17日 07時01分 UPDATE

AppleがiTunesのアップデートを公開、多数の脆弱性を修正

「iTunes 11.0.3」がMacとWindows向けにリリースされた。特にWindows版では深刻な脆弱性が多数修正されている

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは5月16日、iTunesのセキュリティアップデートとなる「iTunes 11.0.3」をMacとWindows向けにリリースした。特にWindows版では深刻な脆弱性が多数修正されている。

 同社のセキュリティ情報によると、iTunes 11.0.3はMac OS X v10.6.8以降のバージョンと、Windows 7/Vista/XP SP2以降のバージョンに対応する。

 修正された脆弱性のうち1件は、Mac版とWindows版の両方に共通する。HTTPSサーバ証明書の確認方法に問題があり、ネットワーク上の攻撃者が不正な証明書を使って、重要情報を流出させる恐れがあった。

 残る脆弱性はすべてWindows版のみに存在するという。そのうち大半は、WebKitに存在するメモリ破損の脆弱性が占める。また、iTunes Storeの閲覧中に中間者攻撃を仕掛けられる問題では、アプリケーションが突然終了したり、任意のコードを実行されたりする恐れがあった。

関連キーワード

iTunes | 脆弱性 | Apple


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -