ニュース
» 2013年06月19日 18時54分 UPDATE

3Dデータを“出品”できるマーケット「rinkak」

3Dデータを“出品”でき、注文に応じてサービス側が製作を行うマーケットサイト「rinkak」が公開される。

[ITmedia]

 カブクは6月19日、3Dプリンタのデータを販売できるマーケットサイト「rinkak」(リンカク)のクローズドβ版の事前ユーザー登録を開始した。オープンβ版は近日公開予定。

photo

 「rinkak」は3Dプリンタの製造データを販売するサービス。ユーザーは3Dデータを登録するだけでオリジナル商品を“出品”できる。3Dプリンタによる実際の製作はサービス側で行うため、「デジタル製造機器を持っていなくても、3Dデータを作ればメーカーになれる」のが特徴だとしている。出力素材はプラスチックやラバー、陶器や金属、フルカラー石膏などから選べる予定だ。

 同社はサービスの目的を「多種多様な分野のクリエイターが集まることで創発性の高いコラボレーションが生まれ、今までに見たことのない新しく面白いものがどんどん生まれる世の中をつくること」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -