ニュース
» 2013年06月28日 18時27分 UPDATE

グリー・KDDIとDeNAの訴訟、取り下げで和解成立 「協力して業界の発展目指す」

ソーシャルゲーム会社に対しゲーム提供しないよう圧力があったなどとしてグリーとKDDI、ディー・エヌ・エー(DeNA)の間で争われていた訴訟は、それぞれ取り下げることで和解が成立。

[ITmedia]

 ソーシャルゲーム会社に対しゲームを提供しないよう圧力があったなどとして、グリーとKDDI、ディー・エヌ・エー(DeNA)の間で争われていた訴訟で、グリーとDeNAは6月28日、それぞれ訴訟を取り下げることで和解が成立したと発表した。

 グリーによると、「今後のさらなる業界の発展と健全化を目指していくために互いに協力することを確認した」という。

 訴訟は2011年11月、DeNAがソーシャルゲーム会社に対しGREEにゲームを提供しないよう圧力をかけたことで損害を受けたとして、グリーとKDDIが10億5000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したもの。これに対しDeNAは翌年1月、同社が違法行為を行っているかのようにグリーの田中良和社長が発言したとして、グリーと田中社長に対し損害賠償と謝罪を求め提訴していた。

 和解では、それぞれの訴訟を取り下げることで合意し、訴訟は終了する。

 グリーとDeNAが釣りゲームをめぐって争っていた訴訟は今年4月、グリー敗訴の判決が確定している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -