ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2013年07月02日 16時36分 UPDATE

凸版印刷、電子出版用の新書体を開発 まず本文用明朝体

凸版印刷は、電子出版コンテンツを読みやすくする新書体の開発に着手した。2016年までに計5書体の開発を目指し、本文用明朝体は今秋から提供開始する予定。

[ITmedia]

 凸版印刷は、電子出版向け新書体の開発に着手したと発表した。まず同社の「凸版明朝体」をもとにした本文用明朝体を今秋から提供。「凸版ゴシック体」がベースの本文用ゴシック体や、見出し用、欧文など2016年までに計5書体の提供開始を目指す。

photo

 本文用明朝体は、従来の印刷用書体が印刷工程による文字の太り(つぶれ)などを想定して細身に設計されていのに対し、電子端末での表示では太りがないことを考慮し、線の太さをデザインし直すという。また長文を縦組で表現した場合に最大の読み心地が得られるよう、デザインを改良するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.