ニュース
» 2013年07月06日 10時44分 UPDATE

ソフトバンクによるSprint買収とSprintによるClearwire完全子会社化をFCCが承認

米連邦通信委員会(FCC)がソフトバンクのSprint買収と、SprintによるClearwireの完全子会社化を承認した。後はClearwireの株主がSprintによる完全子会社化を承認すれば、すべてが完了する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米連邦通信委員会(FCC)は7月5日(現地時間)、ソフトバンクによるSprintの買収および、SprintによるClearwireの完全子会社化を満場一致で承認した。

 FCCは、ソフトバンクによるSprintとClearwireへの投資により、米国におけるモバイルブロードバンドサービス強化とモバイル無線市場の健全な競争が促進され、公共の利益につながると判断したとしている。

 ソフトンバンクによるSprint買収に関しては、これですべての関連当局からの承認が得られたことになり、予定通り今月上旬にも買収が完了する。SprintによるClearwireの完全子会社化については、7月8日に予定されているCearwireの株主による承認を待つばかりとなった。

 ソフトバンクは昨年10月にSprintを約201億ドルで買収すると発表。その後、米DISH Networkとの買収合戦になり、6月11日には買収金額を15億ドル引き上げて買収総額は約216億ドル(1株当たりの対価は7.65ドル)となっている。ソフトバンクはSprintの完全親会社になる“New Sprint”の株式の約78%を保有する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -