ニュース
» 2013年07月09日 09時49分 UPDATE

Microsoft、「Windows 8.1」のOEM向けRTMは8月後半と発表

Microsoftが年次パートナー会議「WPC 2013」で、OEM向けの「Windows 8.1」のRTMを8月後半に提供すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月8日(現地時間)、テキサス州ヒューストンで開催中の年次パートナー会議「Worldwide Partner Conference(WPC)」の基調講演において、次期Windowsアップデート「Windows 8.1」のOEMへのRTM(製造工程向けリリース)提供は8月後半になると発表した。

 WPCの壇上で、Windows部門CFO(最高財務責任者)兼CMO(最高マーケティング責任者)であるタミ・レラー氏は、8月後半にRTMを提供することで、OEMはホリデーシーズンに販売するWindows端末にWindows 8.1を搭載できると説明した。

 wpc タミ・レラー氏

 Microsoftは6月の年次開発者会議「BUILD 2013」でWindows 8.1のプレビュー版を公開した。

 基調講演は主にWindows 8.1のデモに費やされた。レラー氏が発表したWindows 8の累計販売本数(1億本)やSkyeDriveのユーザー数(2億5000万人)は5月の時点から変わっていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -