ニュース
» 2013年07月11日 07時46分 UPDATE

位置情報サービス「Google Latitude」が8月9日に終了へ

Google Mapsに友だちと自分の現在地を表示したり、ショップやレストランにチェックインするサービス「Google Latitude」が8月9日に終了する。Googleは同様のサービスをGoogle+で提供している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月10日(現地時間)、Android版Google Mapsのアップデートの発表の際、位置情報サービス「Google Latitude」の提供を8月9日に終了することを発表した。

 Google Latitudeは、2009年2月にAndroid向けGoogle Mapsの機能として登場した位置情報サービス。Google Maps上で有効にしておくと、友達や家族など、共有を設定したユーザーと互いの現在位置をGoogle Maps上で共有できる。2010年から、独立したiPhoneアプリとしてApp Storeで提供されている。2011年にはGoogleプレイスに登録されているローカルビジネスへのチェックイン機能が追加された。

 latitude

 Android版Google Maps内のLatitude機能とiOSアプリ版は、8月9日に使えなくなり、iOSアプリはApp Storeから削除される。Android版はGoogle Mapsをアップデートしなくても機能しなくなる。

 Googleは位置情報共有機能とチェックイン機能をGoogle+で提供しており(位置情報共有機能は現在Android版Google+のみの機能で、iOS版にも間もなく追加される)、重複するGoogle Mapsでの機能提供を終了するということのようだ。

 Latitudeの「友だちリスト」はエクスポートできないので、位置情報共有を続けたい場合はGoogle+で再構築する必要がある。

 Latitudeで記録してきたロケーション履歴は、ダッシュボードで管理できる。

 チェックイン履歴は、Google+に移行され、Google+でのチェックインは従来通り行える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -