ニュース
» 2013年07月11日 14時25分 UPDATE

Microsoft、Windows Phone 8のサポートライフサイクルを3年に

Microsoftが企業によるWindows Phone 8採用拡大を目指し、製品サポートの提供期間を従来の倍の36カ月に拡張し、2014年上半期に企業向け機能パックを提供すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月10日(現地時間)、Windows Phone 8のサポートライフサイクル(製品サポートの提供期間)を従来の18カ月から倍の36カ月に拡張したと発表した。

 現行のWindows Phone 8端末は、2016年1月までセキュリティアップデートを含むアップデートを受けられる。ただし、こうしたアップデートの時期や実施するかどうかは、国や地域、端末メーカー、通信キャリアが決定することだという注釈付きだ。

 wp8 Windows Phone 7.8と8のライフサイクル

 同社はまた、2014年上半期中にWindows Phone 8のアップデートとして、企業向け機能パックを提供する計画も発表した。この機能パックにより企業のIT部門は従業員のWindows Phone端末をより管理しやすくなり、従業員はより充実した生産体験を得られるとしている。

 企業向け機能パックには、メール暗号化機能、VPN経由で社外から企業のファイアウォール内にアクセスする機能、EAP-TLSによる企業のWi-Fiネットワークへの接続機能などが含まれる見込み。

 Windows Phone 8はまだ日本では販売されていないが、Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは5月に来日した際、「(Windows Phone 8を日本に)一刻も早く投入できるよう努力している」と説明した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -