ニュース
» 2013年07月23日 18時06分 UPDATE

世界遺産・富士山のストリートビューを公開 全長15キロの登山道、挑戦前の下見にもどうぞ

6月に世界遺産に登録された富士山のストリートビューが公開された。1合目から山頂まで、約15キロの道のりを見ることができる。

[ITmedia]

 Google日本法人は7月23日、富士山のストリートビューを公開した。6月22日に世界文化遺産に登録されたばかりの富士山登山を体験できる「日本一高いストリートビュー」(同社)だ。

photo 青空と登山道

 バックパック型機材「トレッカー」を利用し、3日間かけて富士吉田ルートの1合目から山頂までを撮影。登り・下り合計で約15キロの道のりを、約1万4000枚のパノラマ写真を使用しストリートビューにしているという。7月2日にお中道を含む1〜5合目、11日と12日に5合目から山頂、富士山頂を一周するお鉢と下山道を歩いた。

photo 頂上入り口の様子。鳥居も見える

 撮影に協力した山梨県の横内正明知事は「富士山はもともと国内外で知名度の高い観光地でしたが、今回の世界遺産登録を契機に名実とも日本の宝から、世界の宝となりました。このような時期にストリートビューにより、日本はもとより、世界の方々に雄大な富士山の姿、富士山頂までの道のりが紹介できることは、世界遺産富士山をより深く知っていただけるものと期待しています」とコメントしている。

 撮影の様子を収めたビデオも同時に公開。撮影当日、Twitterでは、登山者からの目撃報告が相次いでいた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -