ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2013年07月30日 11時15分 UPDATE

土屋アンナさん主演舞台中止、食い違う主張 原案の歌手「許可してない」とブログで土屋さんかばう

土屋アンナさん主演の舞台が中止となった経緯をめぐり、主催者と土屋さんの所属事務所、原案の歌手がそれぞれサイトでコメント。Twitterなどでも大きな話題になっている。

[山崎春奈,ITmedia]

 土屋アンナさん主演の舞台が中止になった件をめぐり、主催者と土屋さん側、さらに原案となった歌手がサイトやブログでそれぞれ経緯を説明している。言い分は大きく食い違っており、Twitterのトレンドになるなどネットでも大きな話題になっている。

 「誓い〜奇跡のシンガー〜」は、車いすの路上シンガーが難病に立ち向かいながら歌手への夢を追いかける、というストーリーで、車いすシンガー・濱田朝美さんがこれまでとその思いをつづった著書「日本一下手な歌手」が原案となっていた。8月に東京と大阪で公演を予定していたが、7月29日、主催者が中止を発表した。

photo 土屋アンナさん所属事務所のコメント

 主催者は公式サイトに「公演中止のお詫びとお知らせ」を掲載。主演の土屋さんが舞台稽古を無断欠席したことを中止理由に挙げ、「社会人としての責任をお取りいただくべく、損害賠償訴訟を含む断固たる措置を講じる所存」と土屋さんに原因があるという主張だった。

 これに対し、土屋さんの所属事務所は「事実無根の内容にただただ困惑」というコメントを公式サイトで発表。原案の濱田さんから「舞台の台本を見てない上、承諾もしていない」と連絡があり、制作サイドに対し「原案の作者の方の固有の権利に万全の配慮を尽くすよう対応をお願いしておりました」が、「突然、制作サイドの代理人より、一方的に公演中止の決定と損害賠償請求の書面が届き、それと同時にホームページにもアップされたという次第」という説明だ。

 さらに同日深夜、原案の濱田さんが「重大なお話!」というタイトルでブログを更新。「発表は全くのデタラメで、これが真実」と、制作者側から原案利用に関して許可をとられていなかったことや台本の確認の要望も受け入れられず困惑していたと記している。

 土屋さんに関しても「何も出来ない私の代わりに、監督に“濱田さんが納得出来るものにしてください。”と掛け合い」「“原作者が納得し、許可した舞台でないのなら、出演出来ません”と伝え」てくれたのであって、公演中止の理由が土屋さんの稽古の無断欠席という点は「全くのデタラメ」と土屋さんをかばっている。

 当事者の主張はネット上で直接見ることができる状態になっており、濱田さんのブログには数千件の「いいね!」が付くなど、SNSなどで大きな話題になっている。主催発表をもとに「土屋アンナが稽古を無断欠席し公演中止」などと報じたマスコミへの批判も多く投稿されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.