ニュース
» 2013年07月31日 10時15分 UPDATE

Googleマップの新コミュニティー「View(ビュー)」──パノラマ写真を世界に公開

Android 4.2以降に搭載の「Photo Sphere」で撮影した360度パノラマ写真を端末から直接Google Maps Viewに投稿し、世界に向けて公開できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月30日(現地時間)、ユーザーが撮影した360度パノラマ写真をGoogleマップで公開するコミュニティーサイト「View(ビュー)」を公開した。

 view
 view android

 ビューに投稿できるのは、ジオタグ付きの360度パノラマ写真のみだ。Android 4.2以降のカメラに搭載されている「Photo Sphere」で撮影した写真を直接投稿できる他、デジタル一眼レフカメラで撮影した写真でパノラマ写真を合成し、Google+のギャラリー経由で投稿することも可能だ。

 ビューページ右上の「ログイン」でログインし、隣の青いカメラアイコンをタップするとGoogle+のフォトギャラリーが開いて投稿したいパノラマ写真を選択できる(ジオタグ付きパノラマ写真以外は選択できなくなっている)。既に日本語のヘルプページに投稿方法の説明が掲載されている。

 投稿した写真はビューのWebサイト上で公開される他、新しいGoogleマップ上でも閲覧できる。

 view 2 新しいGoogle Mapsで右下の「探索」をクリックすると近隣のパノラマ写真一覧が表示され、それをクリックすると表示される

 ビューページでは地名でパノラマ写真を探すこともでき、気に入った写真を撮影したカメラマンのプロフィールを表示することもできる。

 view 3 カメラマンのプロフィールページ

 ビューはストリートビューギャラリーを包含しており、メニューからストリートビューコレクションにアクセスできる他、例えば富士山を検索すると、先日公開された富士山のストリートビューが表示される。

 Googleマップには2009年からPanoramioにより、ユーザーが投稿した写真が表示されるようになっている。また、Google Map Maker(日本は非対応)でユーザーが地図の改善に協力することも可能だ。さらに最近、トレッカーの貸し出しも始まっており、ユーザーは様々な形でGoogleマップに参加できるようになってきている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -