ニュース
» 2013年08月15日 17時21分 UPDATE

「貞子3D2」で世界初・スマホ連動型映画鑑賞 上映中は携帯電話の電源を“オン”に

8月30日公開の映画「貞子3D2」が、映画本編と連動し、観客の手元のスマートフォンにリアルタイムに恐怖を与えるアプリ「スマ4D」を導入する。

[ITmedia]
photo

 角川書店は8月15日、30日公開の映画「貞子3D2」で、鑑賞中の観客のスマートフォンに映画本編に連動したコンテンツをリアルタイムに配信する「スマ4D」を導入する。上映中は電子機器の電源をオフにしなければならないという映画鑑賞の常識を覆す「前代未聞にして世界初」の試みという。

 特設ページより公式アプリ(iOS/Android)をスマートフォンにインストールし、劇場内で起動するだけで準備完了。映画と連動して、着信やバイブレーションなどのアクションがリアルタイムで起こり、スクリーンと異なる恐怖が手元で体験できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -