ニュース
» 2013年08月29日 03時41分 UPDATE

任天堂、「ニンテンドー2DS」欧米で発表 3D機能省く Wii Uは値下げ

任天堂が欧米で携帯型ゲーム機「ニンテンドー2DS」を10月12日に発売する。Wii Uの値下げも発表。

[ITmedia]

 任天堂は8月28日(現地時間)、欧米で携帯型ゲーム機「ニンテンドー2DS」を10月12日に発売すると発表した。現行機種「ニンテンドー3DS」から3D機能を省き、129.99ドル(米国価格)に抑えた廉価版となる。また据え置き型「Wii U」の値下げも発表した。

photo ニンテンドー2DS
photophoto

 ニンテンドー2DSは3DSの最大の売りでもあった裸眼立体視機能が省かれ、折りたたみ機構をやめて上下2画面を持つ一体型デザインを採用。米国価格は3DSの169.99ドル、3DS XL(日本では3DS LL)の199.99ドルと比べ安価になっている。発売する10月12日は「ポケットモンスター X・Y」の世界同時発売日。

photo
photo

 据え置き型のWii Uは、容量32Gバイトの「Wii U Deluxe Set」(日本ではプレミアムセット)を9月20日から50ドル値下げして299.99ドルとする。Wii Uの2013年度の販売台数は目標の900万台に対し4〜6月期の実績は世界で16万台にとどまっており、値下げで販売をてこ入れするとみられる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -