ニュース
» 2013年09月10日 18時29分 UPDATE

Android端末のロック解除時にフルスクリーン広告 cciとDOMが共同開発

Android端末のセキュリティロック解除時にフルスクリーンで広告を表示するシステムをcciとDOMが共同開発。

[ITmedia]

 サイバー・コミュニケーションズ(cci)とディー・オー・エム(DOM)は9月10日、Android端末のセキュリティロック解除後にフルスクリーンで広告を表示するシステムを共同開発したと発表した。

photo

 スリープモードから復帰する際のセキュリティロック解除後に、フルスクリーンの広告が2〜3秒表示される仕組み。Webでページ遷移の間に挟み込むインタースティシャル型広告をロック解除に適用したもので、「ユーザーのアプリ利用頻度などに影響を受けることなく広告を訴求できる」という。両社で特許も出願した。

 年齢や性別などのユーザー情報やGPSに基づく地域情報、時間帯などでターゲティングして配信することが可能。広告閲覧によってポイントを付与したり、主要ポイントサービスへの交換もできる機能も提供するという。

 同システムを利用したオリジナルアプリをリリースするほか、アプリ会社へのシステム提供、SDKでの配布――を計画している。導入第1弾としてcciは、旺文社からコンテンツ提供を受けたオリジナル学習アプリを9月下旬にリリースする。

 cciは「スマートフォンのセキュリティロック解除時広告の新たな価値構築と市場拡大を目指すと共に、ロック解除時広告の在庫拡充を図り、より多くの企業にスマートフォン広告による訴求体験を提供できるよう努める」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -