ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2013年09月13日 18時23分 UPDATE

ヤフーと筑波大、クラウドソーシングを共同研究 作業の効率化・高度化目指す

ヤフーと筑波大学がクラウドソーシングに関する共同研究をスタート。データ入力など軽作業を中心とした「マイクロタスク」の効率化と高度化を目指す。

[ITmedia]

 ヤフーと筑波大学は9月13日、クラウドソーシングに関する共同研究を始めると発表した。データ入力やチェック、簡単なアンケートなど軽作業を中心とした「マイクロタスク」の効率化と高度化を目指した研究で、同日から5年間の行う計画だ。

 ヤフーは今年1月、「Yahoo!クラウドソーシング」を開始。累計15万以上のユーザーが登録し、1400万を超えるタスクが実施されている。

 筑波大は、非営利/学術目的のマイクロタスクを依頼できるクラウドソーシングのプラットフォーム「Crowd4U」を、同大知的コミュニティ基盤研究センターの森嶋厚行教授が2011年11月に公開。人と計算機が共同で適切に働くためのプログラミング言語研究なども行ってきた。

 共同研究でヤフーは、「Yahoo!クラウドソーシング」のユーザーがタスクの処理にかかった時間やユーザーの属性などの情報を筑波大に提供。ヤフーの社内組織「Yahoo!JAPAN研究所」と森嶋教授を中心とした研究チームが、タスクを効率的に処理するための研究や、クラウドソーシングで解決できる新たなタスクの検討、実験を行い、ヤフーのサービス改善や顧客企業への提案に役立てる。

 ヤフーと筑波大は、「クラウドソーシングを “より高度な分業”という便利な仕組みとして進化させていくことで、世の中の課題解決につなげていく」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.