ニュース
» 2013年09月26日 19時59分 UPDATE

ストリートビューが47都道府県に拡大 熊野古道も初公開

「ストリートビュー」が全国47都道府県の主な市街地をカバー。熊野参詣道のストリートビューも公開した。

[ITmedia]

 Google日本法人は9月26日、Googleマップの「ストリートビュー」に、秋田県、栃木県など7県の主な市街地を加え、全国47都道府県の主な市街地のカバーを終えたと発表した。また、熊野参詣道を初めて撮影。「スペシャルコレクション」として公開した。

画像 伊勢路の馬越峠

 新たに秋田県、栃木県、三重県、和歌山県、山口県、大分県、佐賀県の主な市街地を公開。青森県、茨城県内の対象エリアを拡大した。

 熊野参詣道は、中辺路の滝尻王子〜継桜王子間、伊勢路の馬越峠などを公開。スペシャルコレクションとしてこのほか、青森県立三沢航空科学館、那須サファリパーク(栃木県)、原尻の滝(大分県)なども公開した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -