ニュース
» 2013年09月27日 18時33分 UPDATE

セナの鈴鹿最速ラップをCGで再現 ホンダ、体験型Webコンテンツ公開

セナが鈴鹿サーキットを走行した際のデータを基に、エンジン音や走行軌跡を体験できるWebコンテンツ「3D-View」をホンダが公開。

[ITmedia]
画像

 F1ドライバー、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットを走行した際のデータを基に、3DCGによる走行軌跡やエンジン音を体験できるWebコンテンツ「3D-View」を、本田技研工業がサイト「dots lab by internavi」で公開した。

 1989年のF1日本グランプリ予選で、セナが鈴鹿サーキットの当時最速ラップを出した際に記録された実際のアクセル開度やエンジン回転数、車速の変化などの走行データを解析。エンジン音を再現したほか、走行軌跡は3DCGでさまざまな視点から見ら

れるようにした。

 スタートボタンをクリックすると、Webブラウザのウインドウが11個立ち上がる。真ん中のメインウインドウで走行の軌跡が見られ、マウスクリックで視点を変えられる。左のウィンドウではスピードなどが、下のウインドウでは音声データなどが表示される。

 同社の「Ayrton Senna 1989」プロジェクトの一環。同プロジェクトでは、セナの当時最速ラップを音と光の演出で再現したムービー「Ayrton Senna 1989」や、MP4/5のサウンドをユーザーの車に同期させてドライブできるiPhoneアプリ「Sound of Honda」を公開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -