ニュース
» 2013年09月30日 16時38分 UPDATE

ソニー、56V型4K有機ELテレビを国内初出展 CEATECで

ソニーはCEATECに56V型の4K対応有機ELテレビを参考展示する。CESなど海外では出展していたが、国内での展示は初。

[ITmedia]

 ソニーは、10月1日に開幕する「CEATEC JAPAN 2013」(千葉県・幕張メッセ)で、56V型の4K対応有機ELテレビを参考展示する。米国で1月に開かれた「2013 International CES」など海外では出展していたが、国内での展示は初。

 高精細映像を実現する酸化物半導体TFTと、有機EL発光層の光を効率良く取り出せる同社独自の「スーパートップエミッション」方式を組み合わせ、高コントラスト・高輝度・高速動画応答性能・広視野角の豊かな映像表現を実現したという。

 CEATECではこのほか、4K対応液晶テレビ「ブラビア X8500Aシリーズ」、新型スマートフォン「Xperia Z1」、レンズスタイルカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」、民生用4Kカムコーダー「ハンディカム「FDR-AX1」などを展示。新しいモバイル機器の体験や、リビングの映像体験を提案するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -