ニュース
» 2013年10月01日 10時41分 UPDATE

Dropbox、キャプチャー画像の自動保存とiPhotoからのインポート機能を発表

DropboxのWindowsおよびMac版がバージョン2.4.0にアップデートされ、スクリーンショットの自動アップロード機能がついた。Mac版では、iPhotoの写真をインポートできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dropboxは9月30日(現地時間)、デスクトップ版(WindowsおよびMac)アプリをアップデートし、キャプチャー画像(スクリーンショット)をDropboxに直接保存できるようにしたと発表した。

 アプリをバージョン2.4.0にアップデートした後、初めてスクリーンショットを撮ると、以下のようなダイアログが表示され、「スクリーンショットをDropboxに保存」をクリックするとDropbox上に新たに「スクリーンショット」フォルダが追加され、ここにキャプチャー画像が保存されるようになる。

 drop 1

 自動アップロードを解除するには、タスクバー(Windowsの場合)のDropboxアイコンで歯車アイコンをクリックし、「基本設定」→「インポート」で「Dropboxでスクリーンショットを共有」のチェックを外す。

 drop 2

 Dropboxのモバイル版(AndroidおよびiOS)では、端末のカメラで撮影した写真を自動的にDropboxに保存する「カメラアップロード」機能がある。今回の新機能は、そのスクリーンショット版といえるだろう。

 また、Mac版ではこれに加え、米Appleの写真管理サービス「iPhoto」のライブラリの写真をインポートできる。対応するiPhotoのバージョンは7.0以降。Dropbox for Businessのアカウントではできない。また、既にiPhotoのライブラリをDropboxのフォルダ内にある場合も使えない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -