ニュース
» 2013年10月15日 19時27分 UPDATE

ソフトバンクとガンホー、スマホゲーム「Clash of Clans」のSupercellを傘下に 1500億円で

ソフトバンクとガンホーが「Clash of Clans」などのゲームアプリで知られるフィンランドSupercellを総額1515億円で傘下に。

[ITmedia]

 ソフトバンクとガンホー・オンライン・エンターテイメントは10月15日、スマートフォン向けゲーム開発のフィンランドSupercell株式を総額1515億円(15.3億ドル)で取得し、傘下にすると発表した。

photo 「Clash of Clans」は軍団を育成してほかのプレーヤーとの攻防を楽しむタイプのゲーム

 Supercellはゲームアプリ「Clash of Clans」「Hay Day」を展開し、今年2〜8月のApp Store「ゲーム」カテゴリ売上高で世界トップ(AppAnnie調べ)。「パズル&ドラゴンズ」のガンホーは、Supercellのノウハウと実績を世界展開に活用する。

 ソフトバンクが12.24億ドル(80%)、ガンホーが3.06億(20%)ドルを出資し、買収のための特別目的会社(SPC)をフィンランドに設立。SPCが既存株主からSupercellの議決権株式の51%を取得する形で傘下にする。取り引きの完了は10月下旬〜11月上旬の予定。ソフトバンクはSupercellを子会社化、ガンホーはSPCを持分法適用会社化する。

 ソフトバンクの孫正義社長とガンホーの孫泰蔵会長らがSupercellの取締役に就任。Supercellの本社は従来通りヘルシンキに置き、現CEOのイルッカ・パーナネン氏も引き続きCEOを務める。

 Supercellの2012年12月期売上高は7836万ユーロ(約105億円)、最終利益は2996万ユーロ(約40億円)。「Clash of Clans」「Hay Day」はApp Storeのトップセールスランキングで、それぞれ137カ国と96カ国で1位を獲得した実績があるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -