ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2013年10月16日 07時55分 UPDATE

Google、Chrome安定版の脆弱性を修正

最新版の「Chrome 30.0.1599.101」では5件のセキュリティ問題を修正した。

[鈴木聖子,ITmedia]
glchr01.jpg

 米Googleは10月15日、Webブラウザ「Google Chrome」安定版のアップデートをWindows、Mac、Linux向けに公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。

 同社によると、最新版の「Chrome 30.0.1599.101」では5件のセキュリティ問題を修正した。このうち3件の脆弱性については、情報を提供した社外の研究者に1000〜2000ドル、計5000ドルの賞金を贈呈。いずれも解放後使用の脆弱性で、危険度は同社の4段階評価で上から2番目に高い「High」に分類している。

 また、社内での調査やファジングなどを通じて見つかったさまざまな問題の修正も盛り込まれた。

関連キーワード

Google Chrome | 脆弱性


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.