ニュース
» 2013年11月15日 20時32分 UPDATE

日テレ、ソーシャルテレビ視聴システム「JoinTV」をオープン化 Windows Azure採用、マイクロソフトが支援

日本マイクロソフトと日本テレビは、テレビとソーシャルメディアを同時に楽しむ視聴システム「JoinTV」をオープンプラットフォーム化し、他事業者への導入を進めていく。

[ITmedia]

 日本テレビ放送網は、ソーシャルテレビ視聴システム「JoinTV」をほかの放送事業者にも開放しオープンプラットフォーム化を進める。クラウド基盤をWindows Azureに移行し、日本マイクロソフトは利用拡大を支援する。

photo 「JoinTV」のサービス概要

 「JoinTV」は、テレビを見ながらスマートフォンやタブレットなどのセカンドスクリーンでソーシャルメディアを同時に楽しめるようにするサービス。昨年3月に日本テレビが開発・公開した。

 クラウドプラットフォームをWindows Azureに移行し、ログデータ分析にSQL Server 2014とExcel 2013を導入。11月上旬の「金曜ロードショー ハリー・ポッター祭り 秋」でユーザーのログ収集をWindows Azureを使って実施している。

 日本テレビはAPIを公開するなど、同サービスをオープンプラットフォームとして他社も参加できる環境を整えていく。マイクロソフトはBingを活用した検証や、他事業者や自治体へ売り込む営業面での連携などで支援していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -