ニュース
» 2013年11月19日 13時34分 UPDATE

ねっと部:カリスマ主婦の“メシマズ”写真に全米が泣く 「まるで膿んだ生肉」……?

米国のカリスマ主婦ことマーサ・スチュワートさんがTwitterに投稿する写真が「あまりにもまずそう」と話題を集めている。ある意味これがほんとの“飯テロ”かもしれない。

[ITmedia]
photo YouTube公式チャンネルで料理姿を披露するマーサ・スチュワートさん(右)

 マルチに活躍する米国の「カリスマ主婦」、マーサ・スチュワートさんがTwitterに掲載した料理写真が「あまりにもまずそう」と同国のネット界隈で注目を集めている。

 マーサ・スチュワートさんは、料理や園芸、インテリアなどをプロデュースするライフコーディネーターとして活躍する米国の「カリスマ主婦」。YouTubeの公式チャンネルの動画再生回数は1200万回以上、企業とのコラボ商品開発や自分の名前を冠したテレビ番組の司会も務めるなど、マルチに活躍する女性実業家だ(インサイダー取引で有罪になったこともある)。

 美しい写真満載のレシピを多く発表してきている彼女だが、その公式Twitterアカウントに投稿される写真が“メシマズ”すぎるとして、米メディア「BuzzFeed」が「マーサ・スチュワートの食べ物ツイートがヤバいと誰か本人に言ってあげるべき」とまとめ、話題を集めている。

 スイカと山羊のチーズのサラダには「まるで膿んだ生肉で作ったタワー」、ホタテとウニと味噌のグリルには「なるほど、ペニシリンはこうやって発見されたんですねわかります」などのコメント付きで珠玉の“作品”たちが紹介されている。

photo ペニシリン発見時の写真……ではありません

 スチュワートさんはこの件について自身のTwitterで言及。「わたしが撮った食べ物の写真がちょっと話題みたい。実際はオニオンスープもサラダもとってもおいしかったわ」とのこと。安心しました。

ねっと部

ハードでソフトなITニュースの合間にネット上の面白いモノ・コトをお伝えする部活動。正式には「ITmedia学園ニュース科インターネット部」、略して「ねっと部」(たぶん)。部長はめがね(予定)。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -