ニュース
» 2013年11月29日 07時28分 UPDATE

アイソン彗星、崩壊した可能性 近日点通過

アイソン彗星が近日点を通過。その後の姿が確認できず、NASAは同彗星が崩壊した可能性があるとしている。NASAの科学者によると、近日点通過前に蒸発した可能性があるという。

[ITmedia]

 アイソン彗星は11月29日午前4時9分(日本時間)、太陽に最も近い位置(近日点)を通過した。現在どのような状態にあるかは不明だが、米航空宇宙局(NASA)によると、近日点通過後に同彗星を確認できず、崩壊した可能性があるとしている。

photo NASAトップページはアイソン彗星が破壊された可能性を速報

 NASAはアイソン彗星について、結果は確定していないが、おそらく崩壊したとの見方を示している。またNASAの科学者は「アイソン彗星は近日点通過前に崩壊して蒸発したと考えている」とコメントしている

 アイソン彗星は近日点通過時の太陽との距離が約190万キロと極端に太陽に近く、彗星本体が崩壊したり消滅する可能性が指摘されていた。

 NASAのTwitterは、ギリシア神話に登場する太陽に近づきすぎて墜落した少年になぞらえて「イカロスのように」とツイートしている。ただ崩壊した彗星核の破片やダストなどが残っている可能性もあり、観測が続けられている。

photo SOHO衛星がとらえた、近日点直前に太陽に近づくアイソン彗星 ESA&NASA/SOHO/SDO

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -