ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2013年11月29日 08時50分 UPDATE

Microsoftの次期CEO、「エロップ氏の可能性は低い」──Bloomberg報道

1年以内に退任するスティーブ・バルマーCEOの後任選びで、Fordのアラン・ムラーリーCEOとMicrosoftのベテラン、サトヤ・ナデラ上級副社長に候補が絞られたとBloombergが報じた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftのスティーブ・バルマーCEOの後任選びで、同社取締役会は候補を米Fordのアラン・ムラーリーCEO(68)と、MicrosoftのCloud and Enterprise Engineering Group担当上級副社長のサトヤ・ナデラ氏(45)の2人に絞った──。米Bloombergが11月28日(現地時間)、この件に詳しい筋の話としてこう報じた。

 同社のBusiness Development and Evangelism Group担当上級副社長のトニー・ベイツ氏(46)と、フィンランドNokiaの前CEO、スティーブン・エロップ氏(49)も依然として候補に残ってはいるが、この2人が指名される可能性は低いと匿名希望の関係筋は語った。

 mullary アラン・ムラーリー氏

 ムラーリー氏は米Boeingに37年間勤め、民間航空機部門社長兼CEOを務めた後、2006年にFordの社長兼CEOに就任した。

 バルマー氏は米Wall Street Journalのインタビューで、Microsoftの組織改革に当たり、ムラーリー氏にアドバイスを求めたと語っている。

 FordはBloombergに対し、「アランはわれわれのOne Fordプランを進めることに引き続き完全に注力している。われわれは憶測に関与しない」と述べた。

 nadela サトヤ・ナデラ氏

 サトヤ・ナデラ氏は米Sun Microsystemsから1992年にMicrosoft入りし、現職の前はServer and Tools部門の担当上級副社長を務めていた。

 スティーブン・エロップ氏は、MicrosoftによるNokiaのハードウェア事業買収が完了すれば、Microsoftの「Devices」チームのトップに就任する見込みだ。

 elop 2012年9月にWindows Phone 8搭載Lumiaを発表するバルマー氏とNokiaのエロップCEO(当時)

 Bloombergの8日の報道によると、同氏はXboxやBingの事業を切り捨て、Microsoft Officeに注力する戦略を構想しているという。この構想は、バルマー氏が推進している「デバイス&サービス」企業へのシフトとは異なるものだ。バルマー氏はMicrosoftはまだ変革の初期段階にあるが、Microsoftの未来は明るいと株主総会で語った。

 Microsoftは年内の次期CEO決定を予定しているが、発表は来年初頭になるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.