ニュース
» 2013年12月03日 14時41分 UPDATE

MicrosoftによるNokiaハードウェア事業買収を米連邦政府が承認

米連邦取引委員会と司法省が、MicrosoftによるNokiaのDevices & Services部門買収を承認した。後は欧州当局が承認すれば、買収は完了する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米連邦取引委員会(FTC)は12月2日(現地時間)、米MicrosoftによるフィンランドNokiaのハードウェア事業買収をFTCと米司法省(DOJ)が承認したことを明らかにした。FTCが同日、関連書類を公開した。

 Microsoftは9月2日にNokiaのDevices & Services部門を総額54億4000万ユーロ(約72億ドル)で買収すると発表した。

 Nokiaの株主は11月19日にこの買収を承認しており、連邦政府の承認も受けたため、後は欧州当局の承認を待つばかりとなった。Microsoftは2014年1〜3月期に取引を完了させる見込みだ。

 買収が完了すれば、Microsoftはゲームコンソールの「Xbox」シリーズ、タブレットの「Surface」シリーズに加え、オリジナルのスマートフォン事業を有することになる。

 また、この買収にともない、Nokiaのスティーブン・エロップ前CEOがMicrosoftの「Devices」チームのトップに就任することになっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -