ニュース
» 2013年12月12日 14時31分 UPDATE

Active! Mailを名乗るフィッシング発生、大学などのアカウント狙いか

大学などで使用されているWebメールのActive! Mailになりすましたフィッシングメールが出回っている。

[ITmedia]

 フィッシング対策協議会は12月12日、大学などで使用されているWebメール「Active! Mail」になりすましたフィッシングメールを確認したとして注意を呼び掛けた。メールから誘導されるフィッシングサイトは停止しているものの、類似サイトが公開される可能性もあるという。

 このフィッシングメールは、Active! mailを提供するトランスウェアのヘルプデスクを名乗っている。本文では「不審なログインを検出した」と記載、受信者に確認用のURLへアクセスして必要事項を入力するように仕向けている。このURLのリンク先はフィッシングサイトになっている。

phis01.gif 流通している詐欺メール。不自然な日本語になっている(フィッシング対策協議より)

 協議会ではフィッシングサイト上でメールアドレスやユーザーID、パスワードなどを絶対に入力せず、類似サイトやメールを発見した際には、協議会まで連絡してほしいとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -