ニュース
» 2013年12月19日 07時34分 UPDATE

AWS、北京データセンターを開設 中国に本格進出

Amazon.com傘下のAWSが、北京リージョンを開設する。同リージョンを利用するには既存ユーザーでもあらためてサインアップする必要がある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.com子会社のAmazon Web Services(AWS)は12月18日(現地時間)、中国の北京に新たなリージョンを開設すると発表した。アジア太平洋地域ではオーストラリアのシドニー、シンガポールと日本の東京に次ぐ4つ目のリージョンになる。

 aws

 AWSは既に中国でサービスを提供しており、数千の顧客を持つ。北京リージョン開設により、中国の顧客は国内のデータセンターを利用できるようになる。

 現在プレビューへの申し込みを受け付けており、本格的な稼働は2014年初頭の見込み。

 北京リージョンを利用するためには、既存のユーザーでもあらためてサインアップする必要がある。急成長中のスマートフォンメーカーXiaomi(小米科技)やDeNA Chinaなどの既存ユーザーが、今回のプレビューに参加する。

 北京リージョンでは、EC2やS3をはじめとするAWSの多様なサービスを利用できる(利用できるサービス一覧はこちら)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -