ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2013年12月19日 17時00分 UPDATE

超明るい「40ミリF0.85」レンズ、KIPONが発売

焦点距離40ミリ、開放F値0.85のミラーレスカメラ用交換レンズが発売される。

[ITmedia]

 焦点距離40ミリで開放F値がF0.85というミラーレスカメラ用交換レンズが来年2月25日に発売される。価格は2080ドル。欧米と日本、ロシアで販売し、日本では焦点工房が扱う。

photo

 この「IBELUX 40mm f0.85」は、マウントアダプタなどで知られる中国のKIPONとドイツのIB/E Opticsが共同開発した超大口径レンズ。「HANDEVISION」ブランドで販売する。ソニー「NEX」シリーズ、富士フイルム「X」シリーズ、キヤノン「EOS M」シリーズとマイクロフォーザーズに対応する。最短撮影距離は75センチ、長さは128ミリ、重さは1.15キロ。サイトには作例も掲載されている。

 同ブランドから広角の「IBEGON」や、フルサイズミラーレス「α7/α7R」に対応する望遠ミラーレンズ「IBECAT」などの開発を進めているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.