ニュース
» 2013年12月25日 18時19分 UPDATE

PCからのWebサービス訪問者、軒並み減少 13年は「スマホへの転換の年」 ニールセン

今年はPCからのネットサービス訪問者数がトップ10全サービスで減少したことがニールセンの調査で分かった。「ネットサービスの利用がPCからスマートフォンに移行した転換の年となった」

[ITmedia]

 ニールセンは12月25日、2013年1〜10月のネットサービス訪問者数ランキングを発表した。PCからの訪問者数はトップ10サービスすべてで減少しており、「ネットサービスの利用がPCからスマートフォンに移行した転換の年となった」としている。

画像 PCからの訪問者数トップ10

 全国4万人以上の「オンライン視聴者パネル」のデータをもとに、PC向けWebサービスの利用者数を算出した。PCからのアクセス1位はYahoo!JAPAN(前年比7%減)、2位はGoogle(9%減)、3位はFC2(11%減)、4位はYouTube(8%減)、5位は楽天(同8%減)となっており、ベスト10すべてで利用者数が減少している。

 サイトのジャンル別で見ると、動画サイトは1位はYouTube(8%減)、2位はGyaO!(11%減)、3位は「ニコニコ動画」(4%減)、4位はFC2ビデオ(22%増)、5位はDailymotion(5%増)。ECサイトは1位がAmazon(7%減)、2位が楽天市場(8%減)、3位がYahoo!ショッピング(12%減)、4位がYahoo!オークション(10%減)、5位が価格コム(横ばい)だった。

画像 スマートフォンアプリ利用者数トップ10

 日本人全体のスマートフォン保有率は、12年10月時点の23%から、13年10月には33%に拡大。スマートフォンアプリの利用状況(全国4000人の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成)では、利用者数ランキング1位はLINE(2118万人)だった。

 アプリの2位はGoogle Play(1882万人)、3位はGoogle Maps(1577万人)、4位はFacebook(1539万人)、5位はGoogle検索(1521万人)。10位にランクインしたYahoo!JAPAN(641万人)は、4月からの半年間でユニークユーザーが45%増加し、ベスト10の中で最も成長したアプリとなった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -