ニュース
» 2014年01月17日 18時45分 UPDATE

NEC孫会社で従業員が15億円着服か 8年間の不正経理で

NECグループのネッツエスアイ東洋の従業員が数年に渡り着服していたことが発覚した。被害総額は数年で約15億円に上るという。

[ITmedia]

 NEC子会社のNECネッツエスアイは1月17日、子会社のネッツエスアイ東洋で従業員による着服が見つかったと発表した。被害総額は数年間で約15億円に上る可能性があるという。

 NECネッツエスアイによると、この従業員は2005年7月ごろから、小切手の二重振り出しや不正な裏書きなどによって現金化する手口で着服。ネット競馬などのギャンブルに使っていたという。

 内部統制システムがあるにもかかわらず、銀行残高証明書の偽造や不正仕訳などで発覚を免れてきたという。昨年末に不明な売掛金が見つかり、独自調査で不正が発覚したとしている。

 今後、調査委員会で被害額の確定や不正を見抜けなかった背景の明確化、再発防止策などのコンプライアンス強化に取り組むとしている。

 不正が見つかったネッツエスアイ東洋は2005年5月、東洋通信機の一部事業を分離して設立(当時は東洋ネットワークシステムズ)。同年6月にNECネッツエスアイ子会社になった。紙幣読み取り装置や光伝送装置などの事業を展開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -