ニュース
» 2014年01月23日 16時36分 UPDATE

“クジラ”作者による「Twitterマトリョーシカ」プロジェクトが始動

Twitterがダウンすると登場する「Fail Whale」のイラストを描いたイイン・リュー氏が手掛ける、Twitter幹部を模したマトリョーシカのプロジェクトがKickstarterでスタートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 twitter 1 最近はあまり登場しなくなった「Fail Whale」

 Twitterがアクセス不能になると表示される「Fail Whale」のイラストの作者であるイイン・リュー氏がデザインするマトリョーシカ、「Nesting Twitter」プロジェクトが、クラウドファンディングサービスの米Kickstarterに登場した。もちろんTwitter公認プロジェクトではない。

 マトリョーシカとは、ロシア名物の入れ子状になった木製の人形。Nesting Twitterの人形は、一番外側は「私たちユーザー」を象徴する人形で、現CEOのディック・コストロ氏、共同創業者の3人──米MediumのCEOであるエヴァン・ウィリアムズ氏、米SquareのCEOであるジャック・ドーシー氏米Jellyのビズ・ストーンCEO──と、“4人目の創業者”、ノア・グラス氏の順に小さくなっていく。最後は小鳥(Twitterのロゴではない)かクジラの絵がついた卵だ。

 twitter 2 左から、“ユーザー”、ディック・コストロ氏、エヴァン・ウィリアムズ氏、ジャック・ドーシー氏、ビズ・ストーン氏、ノア・グラス氏、卵たち(いずれか1つを選択する)

 このプロジェクトには、Twitterの内幕本「Hatching Twitter」の著者であるニック・ビルトン氏も名を連ねている。

 プロジェクトの目標金額は3万ドルで、スタート2日目の現在、5840ドルが集まっている。達成したら、4月には支援者にマトリョーシカが出荷される見込み。マトリョーシカを入手するには10ドル以上の出資が必要だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -