ニュース
» 2014年02月13日 11時41分 UPDATE

人気ゲーム「Flappy Bird」の偽物続出 利用で高額料金請求も 本物はストアから削除済み

作者によって削除された人気スマートフォン向けゲーム「Flappy Bird」の偽Androidアプリが海外の一部ストアで出回っており、利用すると高額の料金が請求される場合もあるとして、トレンドマイクロが注意を呼びかけている。

[ITmedia]
画像 テキストメッセージの読み取りと送信の許可を求める偽Flappy Bird

 アプリストアから削除された人気のスマートフォン向けゲーム「Flappy Bird」の偽Androidアプリが出回っており、利用すると高額の料金が請求されたり、ユーザーの個人情報を盗み出す場合もあるとして、トレンドマイクロが注意を呼びかけている。

 Flappy Birdはベトナム在住のドン・ニュウィン氏が開発し、5000万ダウンロードを超えるAndroid/iOS向け人気ゲームだったが、同氏は2月9日、「Flappy Birdが私の日常生活を台無しにした」と突如、アプリストアから削除。「二度と復活させない」という。

 トレンドマイクロはその後、偽のAndroid版「Flappy Bird」を多数確認。アプリの見た目は本物と同じで、特にロシアとベトナムのサードパーティアプリストアで数多く確認したという。

 同社が確認した偽アプリは、インストール時にテキストメッセージの読み取りと送信の許可を求め、ゲームを起動すると、高額の料金が発生する特定の番号にSMSを送信。ユーザーに身に覚えのない電話料金を請求するものだったという。

画像 特定の番号へのテキストメッセージ送信を試みる偽アプリ

 端末に登録されたユーザの電話番号やキャリア名、Gmailアドレスを送信しており、個人情報が漏えいする危険性もあるとしている。また、ゲームを起動するとポップアップ表示でユーザにゲームへの支払いを求め、拒否すれば、アプリを終了するものもあったという。

 同社は、サイバー犯罪者は人気のアプリに便乗して不正に利益を得るケースが多いとし、「Flappy Birdを必死に探しているユーザーはアプリをインストールする時に特に注意してください」と呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -