ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2014年03月12日 15時55分 UPDATE

TwitterのWeb版、「つながり」が「通知機能」に変更

TwitterのWeb版でリプライなどを表示するタブの名称が従来の「つながり」から「通知機能」に変更されている。

[ITmedia]

 TwitterのWeb版で3月12日、@付きのリプライなどを表示するタブの名称が従来の「つながり」から「通知機能」に変更された。

photo
photo 現在のナビゲーションバー(上)と、以前(下、デザイン変更前)の比較

 画面最上部のナビゲーションバーからアクセスできるこのタブでは、リプライのほか、自分のツイートがリツイート(RT)されたり、お気に入りにされた場合に表示される。これまでは「つながり」というコンセプト的な呼び方だったが、「通知機能」という実用的なものに変わっている。

 英語版も、従来は「connect」だったが、現在は「Notification」に変更されている。

 ただ、Twitterは時々こうした変更をテスト的に実施することがあり、1年前にはナビゲーションバーの「アカウント」が「私」に一時的に変わったが、その後元に戻っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.