ニュース
» 2014年03月14日 11時34分 UPDATE

東芝、SK Hynixを提訴 NANDフラッシュ機密の不正取得で被害

NANDフラッシュメモリ関連の機密情報を不正に取得・使用されたとして、韓国SK Hynixを東芝が提訴。情報を不正提供した元SanDiskの技術者は逮捕された。

[ITmedia]

 東芝は3月13日、同社のNANDフラッシュメモリ関連の機密情報を不正に取得・使用されたとして、韓国SK Hynixに対し不正競争防止法に基づき損害賠償などを求めて東京地裁に提訴した。

 警視庁は同日、SK Hynixに東芝のNANDフラッシュメモリ研究データを不正に提供したとして、不正競争防止法違反(営業秘密開示)の疑いで、東芝と提携していたSanDiskの元技術者の男(52)を逮捕した。

 男は2008年、SanDiskの技術者として東芝と共同開発していた際、四日市工場で東芝のデータを不正に入手し、転職したSK Hynixに渡した疑いがもたれている。東芝とSanDiskが告訴していた。

 東芝は「競争力の源泉である技術の先進性を確保していくため、最善の情報漏洩防止体制の構築を図るとともに、不正競争行為に対して断固たる措置を講じていく」としている。

 東芝は04年、Hynix Semiconductor(当時)が東芝のフラッシュメモリ関連特許を侵害したとして提訴し、07年に和解している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -