ニュース
» 2014年04月04日 13時01分 UPDATE

上原も写ったオバマ大統領とレッドソックスの自分撮り、SamsungがRTしてホワイトハウスが怒る

上原投手も写っているオバマ大統領とレッドソックス・オルティス選手の記念の自分撮り写真をSamsungのアカウントがRTし、ホワイトハウスがおかんむり。

[ITmedia]
photo 問題になったSamsung Mobile USのツイート

 上原浩治投手ら米MLBレッドソックスの選手がオバマ米大統領を表敬訪問した際、オルティス選手がスマートフォンで撮ったオバマ大統領との「自分撮り」(Selfie)を、韓国Samsung ElectronicsのTwitterアカウントがリツイートしたため、ホワイトハウスが「大統領の写真を営利目的で使うことは認めていない」とSamsungに抗議する意向を明らかにした。

 ワールドシリーズを制覇したレッドソックス選手が表敬訪問したのは4月1日。44代大統領にちなみ「44」の背番号が付いたユニフォームをプレゼントされたオバマ大統領とともに、同チームの主砲オルティス選手が自分撮り。上原投手と田沢純一投手も写っている。

 オルティス選手はSamsungとスポンサー契約を結んでおり、撮影に使われたのはGALAXY Note 3。この写真をSamsung Mobileの米国アカウントが非公式RTでツイートしたため、「大統領の肖像の商業利用だ」とホワイトハウスの不興を買うことになった。

 Wall Street Journalは「Samsungにアウトの判定」と報じている。

 Samsungは3月のアカデミー賞授賞式でスポンサーとなり、司会のエレン・デジェネレスが持つGALAXYで撮影された自分撮りはRT記録を塗り替えている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -